コメントアウト(コメント扱い)について

これは、私も最初は良く分からなかったんですね(笑 でも、色々と見ているうちにダンダンと意味が分かる様になってきました。

ワードプレスを始めた当初は、私も分からない事だらけで大変苦労した記憶があります。苦労って言うか、調べるので一日終わっちゃったww なんてザラにありました…(汗

その時に、とにかくワードプレスフォーラムをズッと読んでいました。まぁ、正直に言うと、質問者と回答者のやり取りなんて、全く意味が分かりませんでした(爆 今でも、分からないモノばかりですが…。

例えるなら…、麻雀初心者が卓を囲っている人達の会話を聞いても意味不明ww って言えば伝わりますかね?もっと分からなくなっちゃった?

とにかく、質問している意味すらも分からなかったってことです。その中で、自分のトラブルに相当する様な質問を見て行きました。するとね、少しずつ分かっていきます。

で、前置きが随分と長くなりましたが…(汗 コメントアウト(コメント扱い)についてです。このサイトでも度々登場してきますが、CSSやテンプレート上で書かれていても、表示などに反映されない部分です。つまり、コメントってことなんですね。

こんな表示を見かけた事があるでしょう。

/* =Structure
----------------------------------------------- */

body {
	padding: 0 2em;
}
#page {
	margin: 50px auto 50px;
	max-width: 960px;
}
<header class="entry-header">
<h1 class="entry-title"><?php _e( 'Nothing Found', 'twentyeleven' ); ?></h1>
</header><!-- .entry-header -->

これです!!

この表記(緑の部分)がコメント表記なんですね。つまり、命令(指定)文(要素)ではなく、人が分かる様にしてある部分です。

/* ココがコメント扱い */
<!-- .entry-header ココがコメント扱い -->

これらに囲われた部分は、実際には処理されたり表示に影響されることがありません。

スタイルシートを見ていると随所に使われている事が分かります。つまり、この部分には、こんなことを指定してますよ、っての言うのが分かる様になっているんですね。

そんな風に見てみると、もっとスタイルシートが身近に感じられる様になると思いますよ☆

WordPressデザインブック ステップバイステップ形式でマスターできる
WordPressデザインブック ステップバイステップ形式でマスターできる

にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です