TwentyEleven ページ毎に記事表示件数を個別設定する

ワードプレステーマTwentyElevenで各ページ毎に記事の表示件数を個別に設定する方法です。

最初は私も、これには相当頭悩ませました…(汗 もちろんCSSなども分からず、「表示設定」からの設定だと全てのページに反映されてしまうので大変困りました。

で、あなたと同じ様に色々と調べた結果、一つの方法が分かりました!!CSSが分からない人にも、なるべく分かりやすくお伝えしてみます。

スタイルシートを初めて編集する初心者さんは、必ず’カスタマイズをする前に’をお読みになって下さい。えぇ、私の様に惨敗しない様にです(笑

コレさえ分かればどのページにも個別表示設定が出来ます!!

それでは、管理画面より「外観」⇒「テーマ編集」から個別で表示設定したいページの’テンプレートファイル’を開き、次の箇所を見つけて下さい。(小テーマを使用している方は、小テーマ側の’テンプレートファイル’を編集して下さい)

<section id="primary" class="site-content">
		<div id="content" role="main">

		<?php if ( have_posts() ) : ?>

↓この部分を以下の様に追加/編集すればOKです。

<section id="primary" class="site-content">
		<div id="content" role="main">

		<?php if ( have_posts() ) : query_posts($query_string.'&posts_per_page=10'); ?>

この赤の数字の部分が、記事の表示件数に当たります。この数値を変えれば、各ページ毎に希望の表示件数に変更する事が出来ます。(スクロールバーを動かしてね☆)

これで、ページ毎に表示する記事件数が変更できたハズです。これで安心してバンバン記事投稿が出来ますね(笑

各ページに対応するテンプレートファイル

初心者さんの中には、表示数は変えたいんだけど、どのページがどのファイルに対応しているか分からない方もいらっしゃるかと思います。そこで、各ページ毎に対応したテンプレートファイルを書き残しておきます。

  • 年月別アーカイブページ:archive.php (アーカイブ)
  • カテゴリーアーカイブページ:category.php (カテゴリー)
  • 検索結果ページ:search.php (検索結果)
  • タグアーカイブページ:tag.php (タグ)
  • 単一記事のページ(シングルページ):single.php (単一記事投稿)

こんなところだと思います。どのファイルにも、上記で記した箇所がありますので、表示件数を変えたいページに追加/編集してみて下さい。

また、編集する際には、必ずファイル保存をする様にしましょう。

WordPressデザインブック ステップバイステップ形式でマスターできる
WordPressデザインブック ステップバイステップ形式でマスターできる

 

にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です